Renaissance

After the pandemic comes Renaissance

2020 is the year of the rat.  It is also the year a global pandemic took over.  The notorious pandemic from the 14th century by the name of “The Plague” is theorised to have been spread into Europe by rats via a ship.  After it brought many unprecedented deaths, Europe transitioned into the Renaissance, a revolutionarily period for the arts and philosophy.  In spiritual China, rats are said to represent richness and abundance.  I find myself comparing the times we live in to the hard transitional period before the Renaissance.

Renaissance art often designed the surroundings to compliment the piece, as opposed to the more recent approach that is typical in Minimalism, which invites viewers to see the pieces in its unaltered environment.  As part of the experience, viewers consider all of the elements, giving in to a wider view of the world and the thought-process of ‘we’ as opposed to ‘I’.  I believe that artistic movements, while evolving, have dynamically contributed to our collective conscience time after time.  It brought a significant shift to the god-centuric Medieval philosophy and depicted a human-centric point of view during the Renaissance. Now possibly bringing another dire shift; an earth-centric point of view, which includes all.  It's my personal belief that the arts bring spiritual growth to the human race and acts as prophecies of something “new”. 

The lockdown of New York was about a month earlier than Tokyo, and many like myself are diving into the arts at home such as video games, virtual galleries, creative activities, and other entertainment media.  I find it natural that people are gravitating towards the arts to find emotional relief, amid this crisis.  Since lockdown, out of many industries that are economically inconvenienced, many artists and creators are especially hit with the momentary holdout of having physical platforms where they can sell their work. Now is the right time to show our utmost appreciation and respect to the medical heroes & frontliners, to take responsibility for the health safety of others and your own, all while preparing for the next possible Renaissance, by supporting our creatives in one way or another.

 

パンデミックの後にルネサンスが来る

2020年は子年です。また、世界規模のパンデミックが起きた年でもあります。ペストの名を持つ14世期の疫病は、ネズミが船に乗り込んだことでヨーロッパに運ばれてきました。沢山の望まれない死をもたらしてしまった後、ヨーロッパはルネサンスというクリエイティブと哲学の黄金時代に入りました。中国では子は富や繁栄を意味する生き物と言われています。今年の耐えがたい出来事と、ペストからルネサンス期に入った歴史が重なって見えます。

ルネサンス期のアートは、その作品を生かすために周りの環境を作ることが多々ありましたが、ミニマリズムが時代を作ったここ数十年間では、既にある環境に作品をおき、俯瞰して全体を見てもらうことがその作品を「観賞」するという行為になるそうです。一歩引いて全体を見ると、自然と「I」ではなく、「WE」の思考になるので、アートは進化しながら本当に地球のためになってるな、とひしひしと感じています。その流れは神中心の中世的世界観から人間中心の新しい世界観に変わったルネサンス時代から始まり、もしくは今、地球中心の世界観に変える手伝いをしているのかもしれません。アートはいつでも、人類の魂的進化を促し、予見する様な何かだと思うのです。

ニューヨークではロックダウンが東京よりも一ヶ月程早く、人々は自宅でなにと向き合っているかと言うと、物質的にはゲームやバーチャルギャラリーや物作りや映画観賞など、アーティストありきのクリエイティブな産物です。私は人々が精神的な救いを求めて色んな形のアートに突き当たっている状況が、不思議と納得できるのです。現在ロックダウンで影響を受けている様々な職業の中、多くのアーティストやクリエイター達は販売が出来るプラットフォームを一時的に無くし、経済的な苦境を迎えています。今こそ医療関係者と必須労働者に感謝し、自分や周りの健康と安全を心掛けた上で、これから再び来るルネサンスを迎え入れるために、大なり小なりクリエイターやアーティストを大事にすることを、心掛けたいと思います。