Andrew Chan Bio

Andrew Chan:

“Andrew Chan has a Red Groomsian comic verve.”

 

—Ken Johnson, The New York Times

 

My art is inspired by consumerism, pop culture, childhood memories, and my experiences living in Hong Kong, New York, Melbourne, and Paris. Paintings, drawings, and sculptures are populated by characters such as a pissed-off Mr. Softee, dinosaur-riding cowboys, Bushwick hipsters fetishizing authenticity, Space Jesus, and T. Rex rappers. Voyeuristic scenes depict passions, frustrations, and appetites. Paintings combine thick encaustic paints with diluted oils and acrylics, in a simultaneous state of construction and deconstruction, hinting at an elusive emotional complexity. Writing is used as a structural element, like lines of graffiti or a (sub)text. My goal is to reveal the unseen essence of things and expose our fragmented way of experiencing the world, in a satirical, liberating form.

 

アンドリュー・チャンは消費主義、ポップカルチャー、幼い頃の記憶、そして自身の香港、ニューヨーク、メルボルン、パリでの生活からインスピレーションを受けている。作品には怒っているユルキャラ、恐竜に乗るカウボーイ、ブッシュウィックのヒップスター、宇宙のイエス、T−レックスラッパー達であふれている。覗きのシーンでは主人公の内面的な情熱や苛立ち、そして欲求が力強く表現されている。作品制作の中で構築と破壊を繰り返しながら、濃い蝋画用の絵の具、薄めの油、アクリル絵の具を微妙に使いこなしながら、ビジュアル的な奥行きを創り、グラフィティに用いられる線やテキストなどの文章は構成要素として使用されている。彼のゴールは、風刺的で自由なフォームを用いて表面からは見受けられない本質を明らかにし、私たちの世の中を断面的に感じ取る手法を露わにすることである。